女性向きの家

「防犯対策は大事。でも毎日の暮らしも充実させたい…」
そんな女性の家探しの際に気を付けるポイントをご紹介します。

家を選ぶときのポイント

女性の一人暮らしは、注意すべき点がたくさんあります

女性の一人暮らしは、注意すべき点がたくさんあります

最優先すべきはやはり安全性。駅から家までの距離は徒歩10分以内が目安です。部屋を決める前に実際に歩いて確かめて、人通りが極端に少なくないか、街灯はあるかなどをチェックしてみてください。帰り道にスーパーやコンビニ、ドラッグストアなどがあれば、普段の買い物に便利です。
マンションやアパートなら1階よりも2階以上を選ぶのが望ましいです。できれば共用玄関にオートロック機能が付いている物件を選びましょう。また訪問者に対してはドアを開ける前に確認できるよう、モニターフォンが付いているとより安心。
他にも「風呂が共用廊下に面していないか」「洗濯機は室内に設置できるか」など、その家で生活することをイメージしながら選ぶ姿勢が大切です。

快適さと安全性を両立した「女性専用物件」

快適さと安全性を両立した「女性専用物件」

近頃では女性専用のマンションやアパートも珍しくありません。入居者本人に限らず、娘に一人暮らしをさせる親御さんからも人気があります。
セキュリティが万全なのはもちろん、外観や内装がおしゃれなのが魅力的。風呂・トイレは別なのが主流で、中にはオール電化や、施設内に乾燥機が設置されているところも。生活で困ったことがあったら、敷地内に管理人が住んでいる(常駐している)ことが多いので、すぐに相談できます。
男性がいないため、一般的なマンションやアパートに比べて夜は静かで、落ち着いた暮らしができます。
一方で、父親や恋人であっても出入りが禁止されているところもありますので、入居前に条件を確認しておきましょう。

シーン別に選ぶ家

  • 家事・子育てを楽しむ家

    家事・子育てを
    楽しむ家

  • ペットと一緒に暮らす家

    ペットと一緒に
    暮らす家

  • 初めての 一人暮らし

    初めての
    一人暮らし

  • 女性向きの家

    女性向きの家

Page top